妊娠するためのカラダづくりや自分でできる妊活とは

私は、妊娠しにくい体ということもあって、妊娠しやすい体になれないかなといろいろ調べてきました。
今私は33歳で子どもが一人います。この子ができるまでは本当に悩んだ日が続きました。若い子の方が妊娠しやすいだろうし、年も年だったので、産婦人科へ行って先生に相談したこともあります。

 

産婦人科では、タイミングの指導をしてもらったり、クロミッドの処方だけを何回か教えてもらいました。内診は一度しかありませんでした。

 

あとで思ったことなんですが、これらはあまり効果はなかったんじゃないかなと思います。産婦人科へ相談に行けば、何か突破口は開けると思ったのですが、なかなかうまくいきませんでした。頼っていただけにショックも大きかったです。

 

その後は従来通り、基礎体温や排卵検査薬を購入して自分自身で自己管理をしながら経過を見ましたが、やはり進展はありませんでした。

 

友人に会うと、最近はどうとかいう話が出るたびに肩身が狭い思いをしました。生理がくるたびに、今月もだめかと落ち込んでいました。周りのおめでた話を聞くのも辛かったです。

 

落ち込んでいてもしょうがないので、その後も私は積極的にできることを試すことにしました。その中のひとつが、妊活サプリです。最初は聞き覚えのない言葉だと思ったのですが、調べてみるといろいろな種類があるのを知りました。中には、葉酸の成分が入っているサプリを続けて摂取した友人が見事に妊娠したものもありますので、見てみてください。私自身もそれで効果があったように思います。

妊活ママさんにおすすめの妊活サプリを教えちゃいます!

ところで、「妊活」という言葉を今始めて聞いたという方も一杯いらっしゃると思います。妊活とは、子どもを作りやすく体の状態を整えることや、そのための回りの生活環境を整えることを言います。避妊についてはみなさん知っていると思われますが、逆に子供ができやすい体にする方法というのは知らない方が多いかもしれません。
では、避妊を止めると子どもがすぐにできるかと言うと、現実にはそうとも言い切れないのです。何年かかっても子供を授かれない女性も大勢いるのです。

 

35歳までに妊娠をして子供を産んだ方がいいという話を聞いたことがある方もいるかもしれません。これは女性ホルモンの減少に関係していて、35歳を過ぎると女性ホルモンが減り始めるからなんです。40歳になると更にその減少が顕著になると言われています。

 

35歳までに急いで子供を作ろうとする女性もいるとは思いますが、それが実はストレスとなり、冷え症やホルモンバランスを崩したりする女性も少なくありません。

 

そのためには、

 

・毎日栄養バランスの取れた食生活を送る
・睡眠時間はたっぷりとる
・血行が良くなるような運動をする
・ストレスを感じすぎないようにする

 

などが挙げられます。このように生活をしていれば子供ができやすい環境は整えることができるでしょう。

 

果たして、現代においてこれらがどれほど実現可能かというと、ちょっと難しいと感じる方もいるかもしれません。毎日会社勤めでくたくたになって家に帰ってくると、それどころではないという方もいるでしょう。

 

そんな方におすすめしたいのが、私が使っているとっておきのサプリです。「妊活サプリ」の「KODAKARA」や「プレミンパパ&プレミンママ」です。私たちの生活をサポートしてくれるサプリですので、気になる方は是非チェックして見てくださいね。

おすすめの妊活サプリランキング

kodakara

実感・やさしさ・サポート力を高めたサプリメント!

葉酸・マカ・タンポポ・亜鉛など素晴らしい素材をバランス良く配合!
トライアル価格はリーズナブルな1,980円〜!
不妊治療専門家による体質チェックシート付き


公式サイトへ

 

 

美的ヌーボ

妊活中の女性に必要な葉酸を400μg含んでいます!!

ビタミン・ミネラルの量が豊富!!
100%天然成分から取り出された栄養素から作られています
合成添加物ゼロ・保存料ゼロ天然由来の食品を使用


公式サイトへ

 

 

プレミンパパ プレミンママ

4大おめでた成分を凝縮した妊活サプリ!

葉酸やルイボスティー、マカ、ヘム鉄、山芋などを配合!!
実際に妊活していた方がお勧めしている成分をバランス良く配合!
保存料・添加物も4分の1費用も半額以下です!


公式サイトへ

妊娠可能なタイミング

妊活する上で知っておきたいことの1つに、女性周期の仕組みがあります。中でも「排卵日」はとても重要。妊娠しやすくなるタイミングは排卵日を中心に1週間程度となっているからです。

 

実は、卵子と精子の寿命は違います。卵子は24時間から36時間くらい、精子は3日程度から長いものでは1週間くらい生きていることもあるようですが、酸に弱いという性質を持っています。また、妊娠に結びつきやすいタイミングでいえば、卵子は排出後、早めに精子と出会ったほうが確率が高いといわれています。そのため、精子の寿命が若干長いことを利用して、排卵日の少し前から夫婦生活を行うようにすると、妊娠の可能性が高まるというわけです。

 

もちろん、月経周期から計算した理論上の排卵日は、前後にずれる可能性があります。そもそも排卵がきちんと起きているかどうか、ということも把握しておかなければなりません。その際に役に立つのが基礎体温。ただ、基礎体温から読み取れる排卵日についても、高温期直前にがくっと下がった日、もっとも体温の低かった日、高温期に入る前日、高温期に入ってから数日、と4つのパターンがあるといわれています。基礎体温は周期のリズムをみるのに非常に有効な手段ではありますが、正確に「この日に排卵が起きている」、もしくは「起きる」と予測するのは難しいことなのです。

 

もちろんだいたいのあたりがつけば、妊活には十分ともいえますが、できるだけ正確に排卵日が知りたいという方は、排卵日チェッカーを利用するのも手です。排卵日チェッカーは、尿の中に出てくる黄体形成ホルモンをチェックするタイプのものと、唾液中のシダ状結晶によってチェックするタイプのものがあります。一般的なものは前者で、測定をどのタイミングで開始するか、といったことについては各社で違いがあるので注意しましょう。

 

デメリットは価格が高いことです。が、もったいないからといって、期間中1日おきに使用する、といったようなことをしてしまうと、せっかくのチャンスを逃してしまうことにもなりかねませんから、指示通りにきちんと使いましょう。

 

妊娠体質になるために心がけたい食生活

不妊治療に訪れる女性のほとんどが、具体的な不妊の原因がはっきりしない「機能性不妊」と呼ばれる診断を受けるのだそうです。ただでさえストレス過多な現代社会で、妊活中とはいえ男性と同じように忙しく働いている女性も多いことから、身体の機能がダウンしてしまいがち、というのは仕方のないことでもあるのかもしれません。

 

けれども、妊娠しやすい身体をつくるためには、基本的な身体の健康がキープされていることはとても大事。妊活をきっかけに生活習慣の見直しをするはじめのステップとして、赤ちゃんを迎えるための身体作りに有効な食生活を心がけましょう。

 

といっても、いきなり難しく考える必要はありません。もし今現在ほとんどが外食や外で買ってきたものを家で食べている、ということであれば、自炊から挑戦してみましょう。外食は添加物や油の質が心配です。できるだけ季節の新鮮な野菜を多くとりいれた食事を心がけるようにしてみてください。

 

妊娠体質のためには、良質なたんぱく質も有効です。一緒に不飽和脂肪酸のとれる青魚は特におすすめ。ミネラル類をとるのに海藻をいれたお味噌汁や酢の物を添えるといいのではないでしょうか。男性の精力減退や不妊には山芋のネバネバ成分が効くといわれていますから、和食の献立を夫婦で一緒に摂る機会を増やしていきましょう。妊活向けのサプリも発売されていますので、サポートに利用してみるのも手です。