妊娠しやすくするために/ 妊活サプリランキング記事一覧

不妊治療には様々な治療方法があり、分類もされています。■不妊治療の種類・タイミング法婦人科医師の指導の元で行われる不妊治療で、最初に行われる治療法です。具体的には排卵日のタイミングに合わせて生殖活動を行うというもので、受精しやすいように卵子を成熟させます。排卵日には周期があるので、それに合わせるということなのです。一回の治療金額は5,00...
詳細を見る
妊娠中のお母さんにはカフェインを摂取することを気をつけなくてはなりません。病院に聞いたら、カフェインは体を冷やしてしまいますが、1日2〜3杯程度なら大丈夫とのことでした。私の家飲んでいるカフェインはルイボスティだったり、スタバのデカフェの粉で淹れたコーヒーなどを飲んでいます。スタバなどで探してみると、カフェインをカットした粉や豆もあります...
詳細を見る
妊娠の確率を高めるためには、受精に適切な時期を把握しておく必要があります。もちろんそれは「排卵日」を軸として考えることになります。卵子が卵巣から排出されていないのに精子がいくら頑張っても受精は不可能です。受精のためには排卵の周期を正しく理解しておかなければいけません。ところが、精子の寿命が通常子宮内で2〜3日と言われているのに対し、卵子は...
詳細を見る
当たり前のことですが、人間の身体は食べたもの、飲んだものによって作られます。そのため、食べ物を選ぶことである程度体質をコントロールすることができます。「これを食べたら妊娠できる」と言うほど単純なものではありませんが、妊娠に適した体質を作り上げてゆくために食べ物を選択することは、妊娠の確率を確実に上げてくれます。妊娠に適した身体を作り上げる...
詳細を見る
妊娠を望む場合は、妊娠しやすい身体にすることがとても重要です。健康は必要不可欠ですが、妊娠する上でリスクになるような生活習慣が身についてる時は改善する必要性があると思います。まず妊娠しやすい身体にするためには、大量のアルコール摂取を控えることと禁煙することです。アルコールはリラックス効果もあるのですが、必要以上の量を飲んでしまうと不妊の原...
詳細を見る
市販されている妊娠検査薬の大半は、生理予定日から一週間後過ぎてからの使用を呼びかけています。では、妊娠検査薬を計算していつ使用すればいいのか考えていきたいと思います。【生理周期が安定している人のケース】前月の生理が開始になった日+生理周期+7日が一つの目安とされています。☆生理周期が28日サイクルで、前月の生理が7月7日だったとすると、次...
詳細を見る
妊娠の望んでいる女性も、望んでいない女性も、自分の排卵日を知ることは、体の微妙な変化を感じ取るためにも、大変重要なことです。排卵日は、人によって様々で、他の人のデータを参考にすることは出来ず、個人個人で調べる必要があります。排卵日を知る一番確実な方法は、基礎体温表を作ることです。そのためには、婦人体温計で体温を計測する必要があります。一日...
詳細を見る