妊娠しやすい体にするための方法ってあるの?

妊娠を望む場合は、妊娠しやすい身体にすることがとても重要です。健康は必要不可欠ですが、妊娠する上でリスクになるような生活習慣が身についてる時は改善する必要性があると思います。

 

まず妊娠しやすい身体にするためには、大量のアルコール摂取を控えることと禁煙することです。アルコールはリラックス効果もあるのですが、必要以上の量を飲んでしまうと不妊の原因にもなりかねます。男性の場合は、勃起障害というリスクもありますのでほどほどにしておきましょう。喫煙は百害あって一利無しという言葉がある通り、害しかありません。特にニコチンやタールは、ホルモンバランスを狂わせるので不妊の要因になります。アルコールはまだしも、喫煙は止める必要があります。

 

あとはストレスなのですが、ストレスを溜めこみすぎると色々な病気と結びつく傾向があります。ストレスを感じやすい場合、女性ですと卵巣ホルモンの分泌が悪くなります。

 

妊娠をするためには卵巣機能が正常であることが条件となりますので、働きが悪くなると当然妊娠する確率は低くなります。また、ストレスを感じやすい男性は勃起障害になるリスクもあります。以上のことから、妊娠しやすい身体にするためにも男女ともストレスを感じないような生活を心がけることが大切です。

 

日々の食生活で、ビタミンやミネラルを積極的にとるようにしましょう。もし不足がちな人は、サプリメントで補うのも良いと思います。