不妊治療ってどんなことをするの?

不妊治療には様々な治療方法があり、分類もされています。

 

■不妊治療の種類

 

・タイミング法
婦人科医師の指導の元で行われる不妊治療で、最初に行われる治療法です。具体的には排卵日のタイミングに合わせて生殖活動を行うというもので、受精しやすいように卵子を成熟させます。排卵日には周期があるので、それに合わせるということなのです。一回の治療金額は5,000円から1万円ほどで、それほど値段も高くないので、誰でも気軽に受けることができます。

 

・人工授精
膣の中に精子を直接注入する方法で、精子が卵子にしやすく直接注入するので、自然妊娠のような妊娠が期待出来ます。勃起障害や性交障害により生殖行為ができない方は、排卵日に合わせた生殖活動で妊娠することができないため、そういったお悩みををお持ちの方は人工授精を行うことで妊娠する確率を高めることができます。一回の周期のお値段は1〜3万円程度で、確率的には高いため、人工授精を選ぶ方も多いです。

 

・体外受精
精子を体外の培養液の中に入れ、そこで卵子と受精させてまた子宮に戻す治療法ですが、通院が必要となります。お値段も30〜50万円となっていますが、その分、受精確率が高いです。その理由は排卵誘発剤や黄体ホルモン注射が必要なためです。体外受精による不妊治療は高齢者や卵管に問題がある方の場合が多いです。また、別な方法で「顕微授精」という方法があります。これは卵子内に精子を直接送って受精させる方法であり、顕微授精用の器具を使って受精させます。