男性にも不妊症の原因がある?

不妊症には、女性だけでなく男性に原因がある場合もあります。精子減少症、無精子症、精子死滅症、精子過剰症などが、その原因となります。

 

不妊というと、実際に出産する女性の体に原因があると考えがちですが、男性側に原因がある場合も少なくありません。男性側に原因がある場合、男性が不妊治療を行わなければなりません。男性の不妊症の原因は、ほとんどが精子の異常によるものです。そのため、受精がしにくくなっているのです。

 

精子の異常と一口にいっても、いろんな種類があります。代表的なのは精子減少症で、1mlの精液の中に、精子の数が2000万〜4000万以下の状態を言います。これがさらに異常な状態になると、精子がまったく形成されない無精子症となります。

 

精子は正常にあるけれど、精子が死んでしまっている、あるいは受精能力がないという状態もあり、これは精子死滅症といいます。逆に、精子の数が多すぎる精子過剰症というものもあります。

 

精子過剰症とは、精子の数が通常の2倍以上になってしまうことです。多い分にはむしろ妊娠しやすいのではないかと思うかもしれませんが、多すぎる精子は固まったり、くっついたりして受精できなくなるため、やはり不妊症の原因となります。

 

これらの症状は、クラインフェルター症候群、停留睾丸、精索静脈瘤によって引き起こされると考えられています。

 

成人してからおたふく風邪を引くと精子がなくなる、という話を聞いたことがあるでしょうか。これは極端な話で、実際にはおたふく風邪によって不妊症になるということはほとんどありません。むしろ、喫煙や過度のアルコール摂取によって、精子が減少したり、胎児に異常をきたしてしまうことが分かってきました。妊娠を希望する場合には、注意が必要です。また、精子が通る精管や尿道に異常がある場合も、不妊症になります。

 

精管や尿道に炎症が起きたり、狭くなってしまうと、精子を正常に射出できなくなり、精子が生きているうちに卵管を通ることができなくなります。そのため、妊娠しにくくなるのですが、これは結核菌や淋菌などが原因になることが多いです。